先駆 さきがけ

  • お問い合わせ
  • Instagram

トヨタ工業学園に合格するための内申・偏差値・入試対策

トヨタ工業学園に合格するための内申・偏差値・入試対策

2024年05月31日

トヨタ工業学園 とは?

トヨタ工業学園は、愛知県豊田市にあるトヨタ自動車が運営する認定職業訓練校です。

1938年に設立された歴史ある教育機関であり、高等部と専門部から構成されています。

特に、社会人としての基礎を学びながら、技術者としての専門知識と技能を習得できるのが特徴です。

(AI生成したイメージ画像)

 

設置学科

トヨタ工業学園の高等部では、普通課程を修了すると同時に、科学技術学園高等学校の通信制課程も修了します。この技能連携制度により、卒業生は高等学校の卒業資格を得ることができます。また、危険物取扱者やガス溶接などの国家資格も取得可能です。

 

住所

トヨタ工業学園の所在地は、愛知県豊田市保見町井ノ向57-28です。

 

 最寄り駅は名鉄豊田線の三好ヶ丘駅で、駅から徒歩約7分の距離にあります。

 

 偏差値

 トヨタ工業学園の偏差値は50です。これは他の高等学校と比較して平均的な難易度を示しています。

 

卒業生の著名人

トヨタ工業学園の卒業生には、トヨタ自動車の副社長である河合満氏や、日本社会党所属の衆議院議員であった田口一男氏などがいます。彼らは、それぞれの分野で高い評価を得ています。

 

主な特徴

トヨタ工業学園の特徴は、非常に実践的なカリキュラムにあります。年間約2,000時間に及ぶ技能教育を通じて、トヨタのモノづくりの基礎を学ぶことができます。また、社会人としての基礎や良識を養う教育も重視されています。さらに、インドやシンガポールへの研修が行われるなど、国際的な視野を持った教育が行われています。

 

プログラミング教育・ICT教育の取り組み

トヨタ工業学園では、最新のICT教育に力を入れています。特に、電子制御装置の試作やプログラミングなどの教育が行われており、生徒たちは最新のデジタル技術を活用して、実践的な技能を習得します。これにより、卒業生は即戦力として活躍できるスキルを身につけます。

 

主な部活動とその実績

トヨタ工業学園では、多様なクラブ活動が行われています。特に、ソフトボール部は全国レベルでの実績を誇り、「科技高豊田」として数多くの大会で優勝しています。その他にも、硬式野球部、ラグビー部、サッカー部などが活発に活動しています。

 

合格のために必要なこと・学習のポイント

トヨタ工業学園に合格するためには、内申点と偏差値が重要です。偏差値50を目標に、日々の学習に取り組むことが必要です。内申点を上げるためには、定期試験だけでなく、普段の授業態度や提出物も評価の対象となるため、全ての面で努力を怠らないことが大切です。

 

「先駆(さきがけ)」では、トヨタ工業学園への合格を目指す生徒に対して、効果的な学習サポートを提供しています。国語、英語、数学、社会、理科の基礎科目だけでなく、英会話やプログラミング教育も行っているため、総合的な学力向上を図ることができます。また、個別指導により、各生徒の弱点を克服し、合格に向けた対策を徹底的に行います。

 特に、英会話やプログラミング教育は、トヨタ工業学園でのICT教育に直結する内容です。これにより、入学後もスムーズに学習を進めることができるでしょう。

 さらに、先駆では、模擬試験や面接対策も行っています。これにより、生徒たちは本番の試験に向けた準備を万全に整えることができます。特に面接対策では、自信を持って自分をアピールできるように、徹底した指導を行っています。

 

総じて、トヨタ工業学園に合格するためには、日々の学習の積み重ねと、効果的な対策が重要です。先駆では、そのための最適な環境と指導を提供しています。

 


▼STEAM教育にも対応した先駆式学習プログラムはこちら